トリさんぽ

行き先は、風まかせ

vol.43 トリはトリでも「アホウドリ」

f:id:wondervogel:20180623005456j:plain

アホウドリさんとこの素敵なカップ

 

こんにちは。

 

今回は、以前訪れたお店をご紹介します。

 

その名は「アホウドリ」。

 

要町にあるこちらのお店、ある日いつものようにフラフラと散歩していて発見しました。古民家を改装したシブいたたずまいのお店です。

 

「ここは何のお店かなぁ?」と、店先のメニューをじぃっと見ていると、丁度出てきたお客さんが「よければ是非、入ってみてください」と言ってくれたので、そのままフラフラと入りました(笑)

 

小料理屋さんみたいに入ってすぐにカウンターがあって、普通の背もたれのある椅子の中で、なぜか一番奥の背もたれのない椅子にチョコンと収まってしまいました。

 

で、メニューの書かれた黒板を見てみると、お魚とお肉で分けられた2種類の定食があって、「へー」と眺めていると。

 

反対の隅っこの席の人が占い師らしくて、「今日は来ないかなー」って話をしてて(笑)

 

で、思わず「え?占いできるんですか?」って興味津々で聞いちゃって(笑)

 

「できます!」って言われたので、お料理を頼んで作ってもらっている間になんと占ってもらうという予想の斜め上過ぎる展開になりました。

 

山わさびさんという、なんかドラえもんの声の人みたいな名前です。

 

言われたことを簡単にまとめると

・言葉が友達

・専門の研究向きで、誰にでも分かりやすく伝えるのが得意

・感受性が高い

・おいしいもの大好き

 

ということでした。「その感受性の高さはもっと出した方が良い」

と言われたことが印象的でした。随分前に全然違う人に言われて、その時は自分のことなのであまりピンと来ていなかったのですが、さすがに違う人から言われると「そういうこともあるのかもしれない」と思うことにしました。

 

「自分の力を発揮してお金を稼ぐ人」とも言われて、「お金そんなにたくさん無いですけど」と言ったら

「それはストレスではないですかね」と言われて「あ、そうなんだ」ってなって。

 

とりあえず、「じゃあ自分の力を発揮してお金を稼ぎます!」ってなりました(笑)

 

あ、恋愛とか結婚は聞いてもないのにサクッと「稼げるようになったら付いてきますから!」って言われて「あっ」て思いました(笑)

 

たった15分なのに濃い内容を伝えてきたので、この人は「占いデキル人」だと思いました。

 

占いは、僕の場合カウンセリング的な部分とか傾聴スキル、そして何より「どういった言葉」で伝えるのかがすごく大事なお仕事だと思っていて、もちろん相性とかもあるんでしょうけど、それ以上に占う人自身の「人となり」が聴き手として感じられるかが大事だと思います。「この人は信頼できるのかな」みたいな部分に関わってくると思うので。あと大学時代のサークルの後輩が「悪いことを言わないのが良い占い師」と言っていたので、その点は参考にしてます。

 

わさびさんの場合、そういう何かがあったので良いなと思いました。

 

で、そうこうしているうちに頼んだ定食が来て、お魚だったんですけど、それがすごくおいしくてびっくりしました。

食べ終わるときにお肉のメニューが「鳥天」だと知って、よくよく話を聞いてみると、お店のスタッフさんが大分の日田市出身で!これは食べねばと思って、頼んじゃいました、ただの鳥天じゃなかったです。

 

食べている間、近所のお肉屋さんやご近所さんが食べに来てて、その話を聞きながら、このお店は地元の人達と関わりながらあることを知りました。

 

鳥天も食べ終わって、コーヒーを頼んだら、近所の「優コーヒー」さんというところの豆を使っているとのことでした。なんか優しい味がしました、今度行ってみます。

 

ここは元々、「なんてんカフェ」というお店だったようで、カウンターにその時のことを書いた本が置いてありました。池袋界隈といえば「池袋モンパルナス」とかがあった場所で、そのこともキチンと書いていました。

 

お店の名前やカタチは変わっても、地域に根差しつつ、開かれた場所を作っていることが素敵です。不思議な場所だったんでまた行ってみたいです。

 

今日はこの辺で。